ヴィクトリア朝TIPS:救貧院

・救貧員は、働くことのできない貧窮者に住む場所を与えた。男女は別々の等で生活し、教区の負担で食事と寝床が提供された。
・救貧院の子どもたちは殺されてパイの材料にされ、死んだ老人たちの身体は、棺桶代を節約するために畑の肥料として使われているという風説が流れた。
・貧民の遺体は救貧員に運ばれ、解剖学の授業で使うことができるようになった。
・その外観は、なるべく陰鬱で近寄りがたく見えるように作られていた。
・大勢に押しかけられるとこまるので、作業場をできるだけ悲惨で辛いものにして、できたらそこの世話にならずに済ませたいと思わせること。食事は当時の囚人が与えられていた物より量が少なかった。
・古いタールの染みこんだロープを小槌で叩き、ほぐし、より糸をつくる。これが造船所に送られる。また、道路造りの素材にするため、硬い岩の塊をハンマーで崩し、砂利にする。これが仕事だった。
・耳が聞こえず口もきけない男の子を、鞭で打ち据えた。目の見えない少女の顔に真っ赤に焼けた火かき棒を押しつけた。
・疲れ果てて倒れた子ども。幼児といった方が良い、顔は鉛色が買った浅葱色、唇は黒ずみ、ぼろを身に纏っている。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>